ジョイフル心理相談室(以降、当室と略記)では、契約者様及びサービス対象者様(以降、利用者様と略記)から提供を受けた個人情報につきまして、重要なプライバシー情報であることを認識し、適切な保護と管理による取り扱いに努めます。

上記個人情報の保護につきましては、国が定める個人情報保護に関する法律等、関連法令の遵守はもとより、臨床心理士、精神保健福祉士が有する資格の倫理規定などに基づき適切な対応をいたします。

1. 個人情報とは

個人情報とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、性別、生年月日その他の記述などにより特定の個人を識別できるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む)を意味します。

2. 個人情報の取得と利用の目的

当室における個人情報の取得に際しましては、適切なサービスを提供する上で必要な情報に限り、原則として契約者様及び利用者様の同意の上で、校正かつ適切な方法で取得することとします。また、個人情報の利用につきましては、次項における場合を除き、当室から契約者様及び利用者様への適切なサービス提供のみのために利用することとします。ここでいうサービスとは、カウンセリング、各種コンサルテーション、研修、調査、連絡・調整ほか、ご契約に不随する事項を指します。

3. 個人情報の共有

契約者様及び利用者様に必要と考えられるサービスの円滑かつ適切な連携を図るため、当室職員は、契約者様及び利用者様の同意の上、個人情報を共有することとします。

4. 個人情報の第三者への提供

個人情報につきましては、原則、外部の第三者に提供することはございません。但し、次の場合を除きます。

  1.  契約者様及び利用者様から事前に同意を得ている場合。
  2.  関連法令により必要とされる場合。
  3. サービス向上のために行われる調査等であって、統計処理などで個人識別の出来ない状態に加工された情報を扱う場合。
  4.  警察ほか公的機関から提供・照合を求められた場合。

尚、3.につきましても個人情報保護に万全を期します。

5. 個人情報の開示、訂正、利用停止

個人情報について、契約者様及び利用者様からの開示、利用停止等の申し入れがあった場合には、当施設は、ご本人からのお求めであることを確認したうえで、個人情報保護法その他の法令に従い遅延なく対応いたします。また、削除、追加、訂正などの申し入れがあった場合についても、適切なサービス提供のための正確性確保の観点から、速やかかつ適正に対応することとします。

6. 契約者様に対する利用者様の個人情報の開示

利用者の個人情報につきましては、原則、契約者から開示の申し出があった場合でも、開示は行わないこととします。但し、利用者の事前の同意がある場合、及び自傷他害など利用者及び第三者の生命の危険が危惧・予見される場合はこの限りではありません。

7. 個人情報の管理と体制

当室では、個人情報を安全に管理します。個人情報の紛失、開ざん、破壊、漏えいなどを防止するため、必要かつ適切なセキュリティー対策を講じるとともに、職員の教育・啓発を実施します。

8. 方針の変更

当室は、個人情報保護に関する方針を変更することがあります。
2004 年 10 月 1 日制定
2018 年 1 月 1 日改訂
ジョイフル心理相談室
代表責任者 佐藤友哉

カテゴリー

アーカイブ
PAGE TOP