パートナーとの今後について悩んでいませんか?

決断には時間をかけても大丈夫

理想通りに行かないパートナーとの関係性、将来は大変なことばかりが予想される関係性、正直あきらめた方がいいのかなとも思ってしまう…。

パートナーさんとの今後について悩んでいませんか?

当相談室は、パートナーさん(夫婦、恋愛、不倫相手など)との関係性で”岐路”に立たされている方の気持ちの整理をお手伝いします。

  • この人で本当にいいか分からない
  • この人を信じていいか分からない
  • 感情的になっている私がいるが、この状態で別れを決めていいか分からない
  • この人と別れたら、ずっと独りになってしまうのでは…と不安で決められない
  • ”止めた方がいい”と周りからは言われるけど、正直、迷っている

判断に迷いが生じるのは、そこに大切な”意味”を含んでいるからです。

理想や一般論だけでは片付かない、もっと能動的な意味が含まれていることが少なくありません。

  • これ以上の傷心をつくらないようにするため
  • ムリに決断して最悪事態を起こすなら、現状に留まる方がマシ
  • このまま関係を断ったら、次の恋愛にちゃんと進めるか分からない
  • 未解決な感情は、次のパートナーとの関係性に持ち越されて、悪影響を及ぼすかも
  • この判断を後悔してしまうかもしれない
  • 正直、自分の本当の気持ちが分からない

だから決断に時間をかけてもよい

人生における”重大な決断”だからこそ、その決断には時間(整理するための時間)をかけてもいいのです。

複雑な関係性では、”怒り” ”悲しみ” ”傷つき” ”不公平”など、一般論だけでは片付かい複雑な感情が伴うものです。

あなたの心は、ひょっとしたら、未解決な感情の存在を重要視しており、これ以上の”代償や混乱”の積み重ねを避けるために、”迷う”という心情にあなた自身を留めているのかもしれません。

迷いを感じる時は、焦る、急ぐ必要はありません。まずは、心にひっかかる感情を整理して、心の準備をしてから決断へ進めばいいのです。

心理カウンセリングは、あなたの気持ちの整理をお手伝いします。そして、如何なる気持ちをも尊重します。

気持をありのまま言葉にし、ぼやいてみたり、吐き出してみることで、冷静に自分の選択を整理することができるでしょう。

こうしたご相談を希望される方は、一度、ご連絡ください。

 

関連記事

  1. コロナ禍で使える助成金、支援情報

  2. 満足感はどこからくる?

  3. そのままにしておく力

  4. その一瞬に集中する力

  5. 大切な人を失うということ

  6. 職場改善の開始(その一歩に向けて)

PAGE TOP